メンテンス管理のご提案メンテンス管理の
ご提案

マンション・ビルのオーナー様

老朽化などによる寿命を延ばし、建物の価値を高めるために必要な管理を建物を診断して、ご提案いたします。
建物や設備は完成した時から老朽化が進みます。壊れてから修理しても良いのですが、その場合、様々なリスクが懸念されます。

老朽化に伴う設備の破損によるリスク

老朽化イメージ
  • 修繕費用が高くなる
  • 上水が出ない場合、入居者に迷惑がかかる
    ※店舗が入居している場合、営業補償や損害賠償の可能性があります
  • 下水が詰まると悪臭を放ち、周辺に迷惑がかかる
  • など

そこで、費用対効果を優先させ、最適なタイミングで効果的な予防メンテナンスが重要です。

費用対効果の高い予防メンテナンス

予防メンテナンスイメージ

定期的な点検とメンテナンスで早期発見、早期修繕することによって、費用を最小限に抑え、建物の寿命を延ばすことが可能です。

経年劣化による修繕が必要な個所は、建物の場合は共通しているものが多く、経験豊富な弊社にお任せいただければ、築年数(設置年数)に応じた最適なメンテナンスを行うノウハウを持っておりますので、必ずご満足していただけるご提案ができます。

最適なタイミングでメンテナンス工事を行うために、定期点検は必須です。
定期的に建物をチェックすることで劣化部位をいち早く発見することが出来、老朽化具合の進行を観察することもできます。

建物に関するご不安があるオーナー様は、是非一度ファシリードにご相談ください。

マンションの管理組合様

マンションの住人の方々が安心して快適に生活でき、水道トラブルなどのリスクを軽減する管理をご提案いたします。

マンションの管理イメージ

建物は必ず老朽化していきます。
築年数の古い建物ほど修繕は必要ですが、新しいうちから定期点検などを行うことで破損や劣化を早期に発見して、設備を交換、修復することでトラブルを未然に防ぐことが可能です。
各設備の定期点検を行い、結果をご報告、ご説明した後、必要な個所に必要なだけメンテンアスを施すことで、住人の皆様に安心で快適な生活をお届けし、マンションの資産価値を高めます。
主に、消防設備、電気設備、エレベーター、建築設備、設備機器、配水管などを点検、メンテナンスいたします。

また、長期修繕計画作成のご提案もいたします。
マンションは必ず経年劣化します。将来的に予想される修繕工事の事前計画から、改良工事まで幅広くご提案いたします。

近年、弊社のお客様からマンション建設会社が当初契約した管理会社が非常に割高であったといったお話もよくお伺いしております。
管理費用の面でもお力になれる可能性がございますので、お気軽にご相談ください。

個人のお客様

お住まいの水まわりや畳・フローリングなど住居の劣化具合を調査し、安全に生活できるようご提案いたします。

お住まいにの設備は定期的なチェックで長持ちします!

水まわりイメージ
水まわり【浴室、洗面、キッチン、トイレなど】
シーリングやパッキンの劣化、パイプの破損など、およそ10~15年に一度は交換の必要なものが多々あります。事前にチェックしメンテナンスすることで、水漏れなどの被害を事前に防ぎ、急なトラブルで焦ることのない様にします。
また水漏れなどにより浸水や階下への水漏れといった2次被害を未然に防ぐことにもなり、安心した生活を送っていただけます。
備付設備【照明や給湯器など】
およそ5~10年ごとに点検が必要です。照明や給湯器といった設備は家電と同様にある日突然壊れることがあります。照明が壊れたのに電球切れと勘違いして無駄な出費をしたり、給湯が壊れて寒い冬に凍えたりするような不安を解消いたします。
住宅【クロス、フローリング、畳、蝶番など】
居室にある壁紙や床なども設備同様に傷んできます。特に近年のマンションや住宅は多くのもの簡易的に張り付け(取り付け)られており、10年を経過したころからあちこちにガタが出てきます。床の凹みやクロスの剥がれ落ち、畳のささくれやドアのしまりが悪いなど様々な問題が出てきます。定期的なチェックを行い、怪我などが起こる前に事前に必要なものを交換し快適な生活が送れるようにします。