建築物定期調査建築物定期調査

建築物定期調査義務とは

建築物の中でも学校、病院、公会堂、百貨店、マーケット、キャバレー、遊技場、旅館、ホテル、劇場、映画館、観覧場、ボーリング場などの不特定多数の人々が利用するものを「特殊建築物」といいます。いったん火災が起こると大惨事になるおそれがあります。このような危険を防止するため、建築基準法では特殊建築物や建築設備等を定期的に専門の技術者に調査、検査をさせ特定行政庁に報告するよう義務づけ、利用者の安全を図るための制度です。弊社ではこの定期調査及び報告事務を行っております。

主な建築物定期調査の種類

  • 特殊建築物定期調査
    調査項目は、敷地及び地盤、建築物の外部、屋上及び屋根、建築物の内部、避難施設、等です。
  • 建築設備定期検査
    検査項目は、換気設備、排煙設備、非常用の照明装置、給排水設備、等です。
  • 防火対象物点検
    多人数が出入りする複合ビルなど一定の防火対象物について火災予防のため有資格者が点検を行っております。